『オデュッセイア』



ツイート

第一巻「主なき家」



歌の女神ミューズよ、聖なるトロイの都を滅ぼしたのち至るところをさすらひ続けたあの知略に富む男の話をして下さい。彼は仲間を連れた帰国の途次、多くの町を見、多くの人を知り、大海原で多くの苦難をなめた。
願ひ叶はず仲間の命は救へなかつたが、仲間の死は自業自得だつた。彼らは愚かにも日の神ヘリオスの牛を食らひ、そのため帰国の日を神に奪はれてしまつた。では、女神よ、ゼウスの娘よ、私たちにこの話をして下さい。

破滅を免れたほかの男たちは、戦争と海から逃れてみんなもう家にゐたのに、この男だけはひとり妻のもとにも故郷にも帰れずにゐた。それはカリュプソという名の美しい妖精が、男を自分の夫にしようと洞穴のなかに引き止めてゐたからである。

月日は巡つて、男がイタカへ帰ると神々の定めた年がやつてきたのに、男の苦難は終はらず家族のもとへ帰れずにゐた。そのために、ポセイドン以外の神々はみな彼のことを哀れんだ。この神は神のやうなオデュッセウスに対して怒つてゐた。その怒りは彼が帰国するまで続いた。

しかし、ポセイドンは牛と羊のささげ物を受けるために、遠く離れたエチオピア人のもとへと出かけてゐた。エチオピア人は地の果てに住む民族で、日が昇るところと日が沈むところに分かれてをり、ポセイドンは彼らの宴の席で楽しんでゐた。

一方、残りの神々はオリンポスの山のゼウスの宮殿に集まつてゐた。話の口を切つたのは神々と人間の父ゼウスだつた。彼は有名なアガメムノンの子オレステスに殺された伊達男アイギストスのことを考へてゐた。ゼウスはこの男について神々に向かつてかう言つた。

「全くどうして人間は神々に責任を押しつけるのか。彼らは分を越えて自分から馬鹿なまねをして不幸になつておきながら、それをみな神々の仕業だと言ふのだ。今度のアイギストスも破滅を免れないことを知りながら、身の程をわきまへずにアガメムノンの奥さんを横取りするだけでなく、帰国した旦那の方も殺してしまつた。

「わしはあいつがアガメムノンを殺したり奥さんを誘惑したりしないやうに、前もつて眼差し鋭いヘルメス、あのアルゴス殺しを送つて、息子のオレステスが成長して祖国に帰つて来たら復讐されるぞと言つたのだ。それなのにあの男はこの親切な忠告にも耳を貸さず、今すべての償ひをしたといふわけだ」

それに対して輝くひとみの女神アテナはかう言つた。

「クロノスの子で、神々の中の最高の神であるお父さま、あの男が殺されたのは当然ですわ。あんなことをする男はみんな殺されたらいいのよ。それより、わたしが心配なのは頭のよいオデュッセウスのこと。かはいさうに、あの人はもう長いこと家族から離れて、海の真ん中の離れ小島で不幸な日々を送つてゐるのです。

「木々の生ひ茂つたこの島にはカリュプソが住んでゐますが、彼女の父親はアトラスで、世界の海を知りつくして、天と地を隔てる巨大な柱を一人で支へてゐる恐ろしい神様です。その神様の娘が、泣き暮らす可哀想なオデュッセウスを引き留めて、故郷イタカのことを忘れさせようと、甘い言葉で誘惑し続けてゐるのです。

「でもオデュッセウスは故郷の空に立ち昇る煙を見てから死にたいと言ふばかり。お父さま、あなたはこれが気にならないのですね。トロイにゐたときオデュッセウスがアルゴスの船のそばであなたに捧げた品物が気に入らないのですか?

FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2