この世は一寸先は闇だと言った

劇作家ソフォクレス


『オイディプス王』

朝は四本足で、昼は二本足、そして、
夕方は三本足で歩く動物は何か

さあ、あなたはこの問題が解けるだろうか。これに正解を出せないと怪物に食われてしまうとしたらどうだろう。そもそもこんな問題を出す怪物なんて変かもしれない。これはスフィンクスというエジプト伝来の怪物である。これがギリシャの英雄オイディプスの物語では一役買うことになっている。

ギリシャのテーバイの人たちはこの怪物の出した問題が解けないために人身御供を差し出さねばならず、パニックにおちいっていた。そこにたまたまやってきたオイディプスが

それは人間だ。赤ん坊は手と足を使って歩き、成長すると二本足で歩き、
老人になると杖をついて歩くからだ。

と喝破(かっぱ)したのである。そして町を救ったオイディプスは請われてテーバイの王となった。しかしこの幸運は実は大きな不幸の始まりだった、ジャジャーンというわけである。

ソフォクレスはここから先を劇にして『オイディプス王』を作った。オイディプスが王になってしばらくするとテーバイの町は飢饉におそわれた。町の人間は再びオイディプスに救いを求めて、子供たちを王の元へ送った。そこで芝居の幕が上がる。

そこで子供たちの嘆願を神官を通じて聞いたオイディプスは「手はもう打ってある」と言う。解決策を求めて既に義弟クレオンをアポロンの神託をうかがいにデルフィの社に送り出していて、いまその帰りを待っているところだと言うのである。

ちょうどその時まるでこの話を聞いていたかのようにクレオンが帰ってくる(こういう展開はソフォクレスの劇の常套手段でこの後にも、他のソフォクレスの劇にも使われる。日本の落語にも使われている)。

そして、クレオンが伝えたアポロンの答えは、テーバイの先王ライオスを殺した犯人を捕まえて処罰しろというものだった。

そこで、オイディプスはライオス殺しの犯人探しを始める。ところが、この犯人はオイディプスその人だったという運命の皮肉を描いたのがこの悲劇というわけだ。

この悲劇の意味を筆者なりに解説すると、次のようになるかもしれない。

人間が行動するのはきっと幸福になることを求めている。しかしそれは同時にうまくいかなければ不幸になるかもしれないという危険性をはらんでいる。ということは、逆に言えば、人間は行動しなければ不幸になることはないけれども、さりとて幸福になることもないというわけだ。(早い話、受験をしなければ落ちる心配はない)

それでも、人間は行動せずにはいられない(受験しなくてもよい?)。そこに人間の悲劇が生まれる。そして、それでも人間は行動(受験)しつづけねばならないのだ。

『オイディプス王』とは、こういう人間存在の根本を描いた作品だと言っていい。

なお『オイディプス王』の岩波文庫の藤沢令夫氏の訳は読みやすい訳で、よい訳だと思う。筆者も大いに参考にさせていただいた。

また、このギリシャ悲劇が描く世界観については、『オイディプス王の世界観』を参考
FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2