楽しいホメロス

ツイート わたしが高校時代に駅前の本屋で最初にホメロス (前8世紀頃)の『イリアス』(呉茂一訳)を棚からとって開いたときには、こんな本はとても読めないと思ってすぐに棚に返したものだ。ところが、大学でギリシア語を読むようになってからその翻訳を読むと、これがとてもおもしろくて、何度も繰り返して読むようになった。で、これを大学の友人におもしろいと言って見せると、「これは何だ。何という日本語だ。とても読めたもんじゃない」と、わたしの高校時代と同じ反応を見せて、すぐにつき返した。意味を知ってから読めば、呉茂一の訳は名訳なのだが、日本語だけでは読めないものだったのだ。いまでは松平千明の訳が出ているが、ギリシア語を知らない人の感想はどうだろう。

ホメロスの『イリアス』の特徴は例えば24巻の冒頭によく表れている。引用してみよう。

競技は終わり、兵士たちはちりぢりに速い船に帰って行き、食事をとって快い眠りにつこうとする。しかしアキレスは愛する友を思っては泣きつづけ、すべてを手なずける眠りさえよせつけなかった。彼はパトロクロスの男らしさと雄々しい力を惜しんでは身を展転とするのだった。二人でともになしとげた業、ともに受けた難儀、戦士たちの合戦、苦しい船旅を思いおこしては涙をいっぱい流し、横向きに寝るかと思うとあおむけになり、またうつぶせになってみたりしたが、つと立ちあがり、苦悩で気も狂わんばかりに渚をさまよい歩くのだった。潮のうえから岬へと曙光がさしはじめるのに気づくと、彼は戦車に速い馬をつなぎ、ヘクトールのむくろを戦車のうしろに縛りつけて引いていき、パトロクスの塚のまわりを三度、引きまわした。それから陣屋に戻って身を休めるのだった。ヘクトールは砂埃のなかに寝させたまま放っておいた。(『イリアス』24巻冒頭。アンドレ・ボナール『ギリシア文明史1』人文書院より。この本は注釈は駄目だが田中千春の和訳はいい線をいっている)

この一節からは、戦いあり、友情あり、憎しみあり、悲しみあり、さらには自然の美しさありと、普通の文学作品に見られる、いや現代のテレビドラマに見られるのと同じ要素を見出すことのできる、とっても素敵な物語である。

物語は10年にわたるトロイ戦争の内の49日間の出来事を描いている。あらすじをまとめると次のようになる。

アキレスがアガメムノンに侮辱されて激怒して、身方のアカイア人(ギリシア人のこと)に敗北をもたらすために、一切の戦いから身を退いてしまうところから、この物語は始まる。

第一の勇者を欠いたギリシャ軍はトロイ勢に敗北を重ねる。そこでアキレスの親友のパトロクロスがアキレスの鎧を着て、戦場に出てアキレスの代わりに戦う。それによってギリシャ方は劣勢を挽回するが、パトロクロスはトロイの第一の勇者ヘクトールに殺されてしまう。

その知らせを聞いたアキレスの悲しみ方は一通りではない。そして、この悲しみがヘクトールに対する怒りとなって、アキレスは再び戦場に立つ決心をする。そしてヘクトールを殺して親友の仇をとるが、それでもなお悲しみは治まることがない。

葬儀の後に催された競技会のあともアキレスは一人悲しみ続けて、ヘクトールの遺体を引き摺って自分の悲しみを遺体にぶつける。その様子を描いたのが上


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2