携帯変換が完了しました。
携帯からアクセスするにはこちらのQRコード、またはURLを携帯端末へメールでお送り下さい。
携帯にメールを送信する
4] しかし、そんな気持ちの中で、私は徳の力を徳自体ではなく、人々の弱さ、いやおそらく私自身の弱さから評価しては駄目だと自分自身を叱りました。というのは、もし徳が存在するとすれば(この疑いについては、ブルータス君、君の伯父さんである小カトー氏が晴らしています)、それは人間に起こりうる全ての事柄を自分より下に置き、それらを見下して人間の運命を軽視し、どんな欠点もなく、当てになるのは自分だけと考えているはずだからです。一方、私たちといえば、近づく不幸を恐怖によって倍化させ、目の前の不幸を悲しみによって増幅させ、自分の過ちを責めずに世の中の仕組みを責めようとするのです。

二 [5] しかしながら、自分たちのこうした思い違いや諸々の欠点や過ちを治したければ、哲学を拠り所にすればいいのです。私は若い頃自分の意志で進んで哲学の懐に飛び込みましたが、逆巻く嵐に翻弄されて大きな不幸の真っ只中に投げ込まれた今、むかし旅立った同じ港に救いを求めて戻って来たのです。ああ、人生の先達、徳の探求者、悪徳の駆逐者である哲学よ。もしあなたがいなかったら、私だけでなく人々の暮らしはどうなっていたことでしょう。あなたは町を造り、ばらばらだった人々を共同生活に呼び入れ、最初は住居で、次には結婚で、やがて共通の文字と言語によって、人々を互いに結び合わせたのです。あなたは法律の発明者、倫理と秩序の教師だったのです。そしていま、私はあなたの助けを求めてあなたのもとに戻ってきたのです。以前の私は人生の大部分をあなたに委ねていましたが、今では人生の全てをあなたに委ねているのです。過ちに満ちた永遠の人生よりは、あなたの教えに従って立派に過ごすたった一日の方がよほど増しなのです。

[6] ですから、私たちの人生に安心をもたらし、死の恐怖を取り去ってくれる他ならぬあなたの助けを、私たちは必要としているのです。それにも関わらず、哲学は人類への功績にふさわしい賞賛を与えられることはありません。それどころか、哲学は殆どの人から無視されるだけでなく、多くの人から悪口を言われているのです。自分の親の悪口を言うのは親殺しに匹敵する悪業です。自分の親の言うことは、たとえ理解できなくとも敬ってしかるべきです。それを非難するのは、人の道に反した恩知らずのすることなのです。ところが、私の考えでは、この思い違いと迷妄が無学な人たちの心を覆っているのです。なぜなら、彼らは遥かな昔を顧みることが出来ないので、初めて人類に文明をもたらしたのが哲学者たちだったとは思ってもみないからです。

三 [7] このように哲学の実体は極めて古くから存在することを私たちは知っていますが、それにも関わらず、その名称はごく最近に生まれたことを認めねばなりません。というのは、人間の英知がその名前とともに古くから存在することは誰もが認めることだからです。それは神の次元の事と人間の次元の事に対する知識のことであり、あらゆる現象の原因を知っていることです。それ故に、古代の人々はこの知識に英知という素晴らしい名前を授けたのです。こうして、ギリシャ人から「ソフォイ」と呼ばれるあの有名な七人は、私たちによって賢者と認められただけでなく、そう呼ばれてきたのです。さらに何世代も前に遡ると、リュクルゴス(彼と同時代にホメロスも生きていたと伝えられています。それはローマ建国以前のことです)も、さらに英雄時代にまで遡


FC2携帯変換について
->続きを表示
<-最初へ戻る
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2