人は死んで星になると信じたキケロ

ツイート


キケロ ( Cicero 前106-前43 )は古代ローマの元老で政治家だったが、本職は弁護士だった。ところが彼はたくさんの哲学書を残している。だから、キケロは哲学者だったのかというと全然そんなことはない。彼の哲学書はすべて自分が勉強して得た知識を本にしたものである。それは哲学の入門書であって哲学書ではない。哲学者ならば独創的な考え方を持っていなければならないが、彼にはそんなものはない。あるのは哲学の諸説に対する好き嫌いだけである。

古代ローマのエリートの一人であったキケロはギリシャ語が読めた。ギリシャに行って勉強もした。そして、そのギリシャ語の力を使ってギリシャ語の本を読んだ。そうやって、当時の最高の教養を身に付けた(当時のローマ人にとってギリシャ語とは、現代の日本人にとっての英語のようなものである)。その中に哲学も入っていた。いや、むしろ哲学は当時の最高の教養だった。

ところが、当時のローマは文化がまだ未熟で、文学もまだ始まったばかりだった。彼が、作品の中で引用するローマ文学は、今では作品が残っていないエンニウスという作家のものばかりと言ってよく、あとはギリシャ文学の翻訳ばかりである。また、哲学書といっても当時はギリシャ語のものしかなかった。そこでキケロはローマ人に初めて母国語であるラテン語で哲学を広めようとした。そして当時ローマにはなかった哲学をギリシャから輸入しようとした。それを彼は膨大な本にして残した。しかも、それを紀元前45年と44年のたった二年間にやってのけたのである。

実は、前45年にキケロは最愛の娘を失っていた。またシーザーによる独裁政治が始まっており、政界には共和派である彼の出る幕は無くなっていた。この悲しみと失望感をいやすために書いたのがこれらの哲学書だった。いわばこれらの哲学書は、自分自身のために書いた幸福論と言っていい。このキケロの数ある哲学書の中でも一番具体的に分かりやすく書いてあるのが、この『トゥスクルムの別荘での対話』 である。

この本は、話の進行がQ&A形式で書かれており、一般の人がよくする質問に答える形になっている。(原文には区別は無いが、この訳では、甲が質問をして乙が答えることにした)哲学書といってもキケロのものは、これにしろ、有名な『義務について』にしろ、どれもあっさりとくだけた調子で書かれており、厳格さを追求するいわゆる論文調とは違っている。

この本の言わんとするところは、死は恐れる必要が無い。苦痛は必ず耐えることが出来る。悲しみは必ずいやされる。道徳的に正しい生き方をしていれば、人は必ず幸福になれる、ということである。とかく抽象的になりがちな話題を様々な実例でかみ砕いて教えてくれる。

第一巻のなかでは、人は死ぬと星に成るという極めてロマンチックな考えを、哲学の立場から厳密に立証してみせるところが圧巻である。当時の哲学では、流れ星は人の魂が肉体から抜け出て飛


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2