『エレクトラ』

ツイート 登場人物
エレクトラ ミケーネの王・故アガメムノンの娘
オレステス エレクトラの弟
クリュソテミス エレクトラの妹
クリュタイムネストラ 故アガメムノンの妻
アイギストス クリュタイムネストラの情夫
老人 オレステスの養育係
女たち アルゴスに住むエレクトラの友達
ピュラデス オレステスの友達(無言)、侍女(無言)、従者(無言)
場所 ミケーネの宮殿の前

時 トロイ戦争から約二〇年後

オレステス、ピュラデス、老人登場

老人 さあ、オレステス殿、トロイの戦の総大将アガメムノンの子よ。今まで、いつも見たいとおっしゃっていた所にとうとう着きましたぞ。とくとご覧なされい。あれがあなたのあこがれの土地、由緒あるアルゴスですぞ。アブに追われてさまよったという伝説の娘イオーゆかりの聖地です。さて、こちらに見えるのが神アポロンの広場、また左手には神ヘラの名高い社がある。そしていまご覧になっておられるのが、黄金満ちるミケーネの国。ほれ、そこにペロプスの息子たちの不幸な館が見える。

あなたの父上はそこで殺されたのだ。そのさなか、あなたの血を分けた姉上からあなたの身柄をお預かりして、屋敷の外へ運び出し、あなたの命をお守りして父上の敵討ちにと、こうして成人されるまでお育て申したのがこのわたしじゃ。

さあそこでじゃ、よろしいかオレステス殿、それにお友達のピュラデス殿、早速、策を練らねばなりませんぞ。星降る夜も既に白み、朝日に目覚めた小鳥たちのさえずりが聞こえてきます。人が外に出てこぬうちに話を決めておかねばなりません。もはやここまで来たからには、いまさらためらっている場合ではございません。時は今ですぞ。

オレステス ありがとう、爺やよ。おまえは本当に頼りになる召し使いだ。わたしのために実によく尽くしてくれる。馬でも血統の良いものは、老いてなお危険に臨んでひるまず、耳をまっすぐに立てているというが、いまもおまえは我らを駆り立てるだけでなく、自ら先頭に立って我らを支えてくれる。

よし、それではわたしの考えを話そう。おまえはわたしがこれから言うことにしっかり耳を傾けて聞いてくれ。そして、何か的外れなことをわたしが言ったら、誤りを正してもらいたい。

さて、父を殺した者たちに対して正義の裁きを加えるには、どんな手段を取るべきかをお伺いしようと、デルフィのお社にお参りしたときのことだ。そのとき神アポロンはこんなお言葉を下さった。「数の力や武力の助けを借りることなく、計略による不意討ちによって汝自ら敵討ちをはたせ」。

さて、我々にこのような神託が下った以上は、まずおまえが機を見てこの屋敷に入り、中の状況をくわしく調べてきてもらいたい。そして、確かなところを我々に報告してほしいのだ。長い年月と老齢のせいでおまえもめっきり白髪が増えて以前の面影はなくなった。おまえなら誰にも気付かれないだろうし、不審に思われることもないだろう。

やつらにはフォーキスのファノテウスの元から来た使いの者だと名乗るがよい。ファノテウスは、やつらの第一の味方だ。それから、神に誓った上で、よいか、こう告げるのだ。「オレステス様はデルフィの競技会で、走る戦車から落ちて不慮の死を遂げられた」とな。話のくわしい中身は、すべておまえに任せよう。

一方、わたしたち二人は、まず神のご命令


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2